×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その他  廃鉄道集 奥羽本線旧猿羽根第一隧道

 

 

獣道状になった旧軌道跡を辿っていくと、遠くに見える穴とその手前に屹立するあばらのようなアーチが眼に入る。

近づいてみると古いレールを利用した骨組みの、かつてスノーシェードだったのではないかと思える構造物である。

 

 

     

様々なものに覆われて坑口がはっきりしない

 

 

     

スノーシェード跡と思われる残骸

 

  

旧猿羽根第一隧道芦沢側坑口

 

 

     

鉄材には古レール利用と思われる部分がある

 

 

     

    

    

傷みの大きい坑口付近

 

壁面からの漏水のため、煉瓦が大きくゆるみ崩れている。

崩れた煉瓦は坑床に積もり、隧道の余命が残り少ないことを伝えているようだ。

      

 

      

 

     

                      坑内から見た芦沢側坑口                    待避坑跡は良好に残存

 

 

    

舟形側坑口も崩壊が進みつつある

 

 

    

坑内の状態の割に坑門の状態はよい

 

 

旧猿羽根第一隧道舟形側坑口

 

旧猿羽根第一隧道  136.8m  (2003.4)

 

地下水が内部から、徐々にそして確実にこの隧道を自然に還そうとしている。

 

(topに戻る)      (前ページへ)   (廃鉄道集topへ)   (次ページへ)