×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その三  旧泉田橋(新庄市)

 

泉田川に架かるコンクリート橋。歩道用としてなのか、撤去費用不足のためか現橋と並行して残されている。

竣工年は昭和9年ということで欄干にもかなりの崩れが見受けられる現状である。

 

1995年

  

橋上の様子 車両は通行止め                     立派な橋脚が並ぶ

 

  

石垣は崩れていない                          風化の進む親柱

 

現在は、このような状態で侘びしさを醸し出してはいるが、竣功当時ははるばる遠くから徒歩で見学に来る人も絶えないほどの美観の橋として有名であったという。

 

 

 

画像追加

 

2004年

南を望む

 

   

 

 

全般に高欄、親柱の傷みは進んでおり銘標も残っていない。

過加重防止のため、車両は通行止めになっている。

 

 

 

  

 

 

  

 

高欄は低く、破損しているため別の柵が追加されている。

 

  

旧橋から望む現在の橋

 

 

  

 

  

 

  

 

新庄側親柱

 

 

  

 

この橋が現在も残っているのは新庄市が新幹線工事をはじめとした事業による膨大な

負債を抱えていたことによるものかもしれない。財政が回復し、撤去費用が捻出できるように

なったとき、この橋は姿を消すのであろう。

 

     

旧泉田橋 昭和9年(1934)

 

 

 

(topに戻る)      (橋梁topに戻る)