×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その他  県境外廃隧道

 

 

鳴子隧道1(宮城県)

 

国道47号の鳴子トンネルの横に駐車場がある。この駐車場の最奥部まで行くと深い藪の中に旧道跡があるはず。

 

  

              鳴子トンネル山形側坑口の右側に入る                  駐車場の奥の藪を進む

 

  

数メートル低くなった道形は倒木に埋もれている

 

ここが旧道であるはずだと思いながらも、あまりの荒れように自分の勘を疑りたくもなる。

しかし、駐車場を下りて250mほども進むと、黒く口を開けた旧隧道が姿を見せた。

 

  

藪をかき分け倒木を越えると旧隧道坑口が現れる

 

 

  

崩落寸前で防護ネットがかかる山形側坑口

 

  

扁額はしっかりしているものの坑門の傷みは激しい

 

  

洞床は泥濘と浸水

 

普通の靴での進入は無理である。長靴であっても膝までの長さのものが求められる。

 

宮城側坑口を望む

  

そのまま反対側に抜けたいところだが、あまりにも水が深く断念せざるを得ない。

坑口の状態に比べ、坑内は比較的傷みが少なく、廃道後46年を経過した状態としては良好である。

落盤直前の鬼気迫る雰囲気を感じさせることはない。

 

一度外に出て改めて回り込み、現道を通って反対側坑口を訪ねることとする。

宮城側坑口は現道より数m高くなっており、接続は切断されている。

 

  

 宮城側坑口はこのコンクリート壁の上                   柵が施されている

 

次に続く

 

 

 

(topに戻る)          (次ページ)