×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その十四 太鳥隧道(朝日村)

 

朝日村の荒沢3隧道は、狭い、怖いといわれながらも永らく使われ続けてきた。

大鳥地区の生活道、また近年は朝日スーパー林道の一部として欠かせないものであった。

しかし、平成13年3月、そのうちの太鳥隧道が廃止され、大鳥トンネルに代替わりした。

 

 

       

落合側からの道は早くも草藪に没しつつある

 

 

太鳥隧道 落合側坑口 坑門の褐色は苔の一種である

 

 

   

 扁額は草木に隠れ 見えなくなっている                内部の状態

 

 

    

浸水はあるものの 通行に支障はない

 

 

    

大鳥側出口付近が補強されているのがわかる

 

 

    

        大鳥側には剥落保護ネットがあった                 坑口横には小さなお地蔵様  以前事故でもあったのか

 

 

   

こちら大鳥側の扁額ははっきり見える

 

昭和30年の竣功で、前年に竣功した笹根隧道より新しいにもかかわらず、ここだけ隧道名が右から書いてある。

また、地図上では「大鳥隧道」であるが、扁額は「太鳥隧道」となってるのがわかる。

 

       

大鳥側は坑口が新旧並んでいる                         新トンネルの表示

 

 

太鳥隧道  昭和30年〜平成13年(46年間使用) 141m 

(2002.7訪問)

 

現役時の様子

 

 

 

(topに戻る)            (次ページへ)